仙台初詣就職成就 法律関係の職業・仕事  サイトマップ

仙台初詣就職成就 法律関係の職業・仕事1

仙台初詣就職成就 裁判官

裁判官とは?
裁判官は、刑事、民事、少年、家事、などの事件に法律に基づいて判断を下す。この他、逮捕状や、捜査差し押さえの令状を発する。
裁判官になるには?(資格)
司法試験に合格する必要がある。合格後、1年半司法修習製として実務を学び、最後の考試試験に合格すると半事補となる資格を得られる。その後願書を提出し採用されることが必要である。
裁判官の業態など
簡易裁判所、家庭裁判所、地方裁判所、高等裁判書、最高裁判所で働く。最高裁調査官や事務総局の職に就く場合もある。

仙台初詣就職成就 検察官

検察官とは?
刑事事件のおいて違法や犯罪を捜査し、起訴、不起訴を決定し、裁判所に対して法の正当な裁きを要求し、刑の執行を指揮監督する仕事。裁判所は検察官の控訴の提起がなければ、刑事事件の審理、裁判を進めることができない。
検察官になるには?(資格)
資格が必要。司法試験は最難関の国家試験で、合格率は2〜3%程度。
検察官の業態など
司法試験に合格した後、司法研修所で一定期間修習後、検察庁に2級検事として任官する(合格者の約1割)

仙台初詣就職成就 特許審査官

特許審査官とは?
特許庁に申請される数多くの発明に対し、特許権を付与する権限を有し、審査する職業。持ち込まれた発明の内容を理解し、新規性、独創性を厳正に審査し、該当するものに特許権を付与する。
特許審査官になるには?(資格・学校など)
理工学部出身者が多く、国家公務員採用試験などがある。
特許審査官の業態など
特許庁への入庁が前提になる。

仙台初詣就職成就 弁理士

弁理士とは?
独創的な創作、業務上の信用等を、特許権、著作権、意匠権、商標権、などの形で権利化するための手続きや、問題解決など知的財産分野全般にわたるサービスを行う専門家。特許法律家。
弁理士になるには?(資格など)
学歴、経験など不問だが、特許法ほか専門知識が必要。資格、要。
弁理士の業態など
企業の特許部門や特許事務所に勤務する。

仙台初詣就職成就 法律関係の職業・仕事ページTOPに戻る